開催日

2017年(平成29年)9月10日(日)

会場

立命館大学大阪いばらきキャンパス

趣旨

日本語は「ゲラゲラ笑う」「メソメソ泣く」のように,オノマトペ (擬音語,擬態語) をとても好む言語だと言われています。「ガラガラ」 (赤ちゃんのおもちゃ) を筆頭に,「ガチャポン」や「ガリガリ君」 (商品名),「ピカチュウ」や「ひこにゃん」 (キャラクター名),「ペンペン草」「ミンミンゼミ」「ガラガラヘビ」 (動植物名) 等々,オノマトペに由来している語がたくさんあります。子供の童謡にも「ワンワン」や「ニャンニャン」などのオノマトペが不可欠です。
その一方で,謎が多いのもオノマトペの特徴です。そもそも日本語にオノマトペが多いのはなぜでしょう。その意味や役割は昔から変わらなかったのでしょうか。オノマトペにも方言があるのでしょうか。また外国語にもオノマトペはあるのでしょうか。外国人が日本語を学ぶ際に日本語のオノマトペはどのような障壁となるのでしょう。さらには大人のコミュニケーションではどのような役割を果たしているのでしょうか。
このフォーラムでは,このような疑問をもとにオノマトペをさまざまな観点から考察し,日本語を豊かにしていると言われるオノマトペの魅力と謎に迫ります。

講演

小野正弘(明治大学)- 竹田晃子(立命館大学) – 秋田喜美(名古屋大学) – 岩﨑典子(ロンドン大学SOAS) – 坂本真樹(電気通信大学) – 窪薗晴夫(国立国語研究所)

主催

国立国語研究所 立命館大学大学院言語教育情報研究科